訪問ありがとう☆彡

【高専生の年収・給料・ボーナス】高専卒で就職したので公開します【part 2】

前回は今の会社から内定をいただく所までを書きました.

ここからは大手に入社して数年経って,他の大企業,中小企業に就職したクラスメイト達の話も交えて話していこうと思います.  

※あくまで自分の知る範囲での話をして,比較しているのでそれを踏まえて読んでください.

 

 

 

給料について

みなさんの一番気になる項目から話していきましょう.

まず給料といっても大きく2つあります.

  1. 毎月貰う給料
  2. 半年に1回貰うボーナス(自社の場合)

これらについて話していきます.

1.毎月貰う給料

一応説明すると毎月貰う給料といっても「基本給」という固定の給料があり,それに残業代等が加算されます.電力会社等に行った友人は深夜に仕事があったりするのでさらに深夜手当などが出ます.

深夜就業がある仕事はだいたい昼勤のみの自分達と比べると+4,5万程手当が出ますが命を削ってるようなものなのでどちらを取るかはお好みですね.

脱線しましたが,毎月の給料で他のクラスメイトと差が出てくるのは基本的には

基本給+残業手当=

になってきます.
そして残業代というのは主に基本給を自給換算してその1.0倍~1.5倍くらいになってきます.これは完全に会社によるもので,うちの場合はちょっとぼかしますが1.35~1.45倍くらいです.

唐突ですが,今の管理人は入社5,6年目で基本給は24万弱です.

これを1か月(残業なし)の就業時間で割ると自給となります.自分の場合は1500円ちょいですね.

つまり1時間残業するごとに1500×1.4=2100円くらい貰えるわけです.


さて,これらを踏まえて総合的に毎月貰える給料を,一応大手に就職した管理人と,他の企業に行ったクラスメイトを比べると・・・

大差ないです. 

あくまで入社5,6年目の話ですが.なぜでしょうか.
まず,全員に聞いたわけではないですが,高専卒入社1年目の基本給はあまり差がないです.

おおよそ17万なかば~多くて18万後半でした.自分は18万なかばくらいでした.

そして入社5年目くらいまでだと,ほとんどの会社は毎年勝手に基本給は1万円程度上がっていきます.

ここで先ほどの残業手当の話を思い出して下さい.面白いのが,基本給は低めに設定してある会社は残業手当の倍率(1.0~1.5倍)が高いという傾向があることです.つまり最終的に受け取る金額はそれほど差がないのです.

繰り返しますがこれはあくまで自分の知る範囲(電気機械系就職先)の話です.


でもよく考えてみれば残業代約2000円って思ったよりしょぼくないですか?
学生の頃家庭教師のアルバイトをしている友人がいましたが,自給は2400円ほどでした.

大手に入ってそれかい!って思いながら次章に行きましょう.

 

2.ボーナス

はい,もうお分かりだと思いますがここで差が出ます.

自分の場合は半年に1回,つまり年に2回もらえますが中小企業に就職した友人は1年に1回だったりなかったりします.

さらに額も大きく違います.

基本的にボーナスは 基本給 × ○カ月 なのでこの何カ月分出るか,というのが1カ月分だったり3カ月分だったりします.大手の場合大体は6カ月程出て,自分もそうです.

入社1年目のボーナスは大体50万くらいだった気がしますがこれだけで,ボーナスがない企業と年収にして約100万の差が出てきます.

ちなみに入社5,6年目の自分のボーナスは1回あたり約70万です.



では,ざっと年収を計算してみましょう.
基本給は24万,ボーナスは70万とします.

( 240000+2100×残業時間(h) ) ×12カ月  + 700000 ×2回 = 年収

という計算でおおよそ出せますが,これはかなり残業時間に依存してきます.

自分の場合は残業したくない派の人間なので可能な限り定時ダッシュを試みています.
平均すると1カ月の残業は20時間くらいだと思いますので,それで計算すると

約478万円

となります.同じ会社の同期の高専生は僕の倍は残業してるので540万くらいはあると思います.

正直な話,お金には全く困りませんし,実家暮らしの場合はビビるくらいお金が貯まると思います.
自分はふと,お金を貯めてても仕方ないなと思って130万の腕時計と,ペット2匹で100万円を一瞬で使いました.その話はまた別の記事で書きます.


以上が高専卒の自分のリアルな給料話でした.

次回は進学してうちの会社に大学院卒として入ってきたクラスメイトの話や,彼らとの差,それを踏まえてのまとめを書こうと思います.

最新情報をチェックしよう!