訪問ありがとう☆彡

【神戸市】引っ越しで助成金が出るの知ってる?

広い家に引っ越したいなぁ~

私は毎日そう思いながら狭い部屋でこうしてブログをカキカキしています。
そんな時知り合いから朗報が!

我らが神戸市が新婚&子育て世代に向けて引っ越しの助成金を出してくれる制度がなんとこの6月から施行されるというのです!
これは見逃せませんね( ✧Д✧) キラーン

 

という事で要点をまとめてみました。

神戸市結婚新生活支援事業とは?

令和2年6月1日(月曜)から始まったこの制度、どんな制度なのかざっくり言うと

令和2年1月1日以降に結婚した夫婦が引っ越しをする時、費用を最大30万円市が出しますよ。

というものです。

もう一つ今から何より重要な事を言いますよ。

この制度、さらっと書いてあったのが…

令和3年(来年!)の3月で事業終了予定なんです。

もちろん、結婚日程以外にも条件があるので見ていきましょう。

補助してもらえる費用

引っ越し費用を最大30万円補助してもらえる制度ですが具体的にどんな費用まで出してもらえるのでしょうか。

新居の住居費

【具体例】

  • 住居を賃借している場合:賃料1か月分、敷金、礼金、共益費1か月分、仲介手数料
  • 住居を購入した場合:購入費
  • 住居を新築した場合:設計費、工事費

ここで注意したい事が2点あります。

1点目が賃借費用については勤務先から住宅手当が支給されている場合はその分は補助対象外となることです。
2点目はこれらの支払いが事業終了日(令和3年3月上旬予定)までに完了していなければならないという事です。

これは絶対頭に置いておいてください。引っ越しをぎりぎりにする場合はこれを過ぎると一切補助してもらえません。

 

引っ越し費用

【具体例】

  • 引っ越し運送費用(運賃や割り増し運賃など)
  • 荷造り等のサービス費用(作業員料、梱包資材などの実費)

ここでも注意点があります。
まず引っ越し業者は国土交通大臣の許可を受けて運送業を行っている業者に限ります。
引越し業務を行えるのは、国土交通省の事業許可を受けた業者のみなのでアート引越センターやアリさんマークなどの大手引っ越し業者は安心ですが中小のあまり知らない業者に頼むときはこの許可証があるか必ず確認してください。

また、対象外費用として

  • 不用品の処分費用
  • 物品の購入費用
  • 引っ越し業者が行うとしても電機やガスなどの代行サービスやエアコンのクリーニング費用

等があるので注意してください。

補助金がもらえる条件は?

どんな費用が補助してもらえるか分かったので次に自分は補助金がもらえる条件を満たしているのかを確認しましよう。

  • 令和2年1月1日から事業終了日(令和3年3月上旬予定)までの間に婚姻届を提出し、受理されている世帯
  • 2019年の夫婦の年間所得を合算した金額が510万円未満であること
  • 夫婦ともに婚姻時における年齢が34歳以下であること
  • 良好な住宅環境に入居する事
  • 申請日より2年以上神戸市に継続して移住する意思があること
  • 他の公的制度による家賃補助を受けていないこと
  • 暴力団に関係していないこと

まず一つ目の所得制限ですが、特に夫婦共働きの場合は超えてしまう可能性があるのでしっかり計算してください。
注意点としては2019年の所得、という点です。2020年は超えてるかもしれないけど2019は微妙かも、、という方はしっかり計算してみてくださいね。また、結婚を機に離職し申請期間中無職の場合は所得0と出来るので片方がよっぽど稼いでいない限り通ると思います。

もう一つ注意したいのが3つめの良好な住宅環境に入居する事、というところ。
これ、建物が古すぎてもいけないという点と、広さが最低居住面積以上でないといけません。
夫婦二人の場合は30平方m以上でないといけません。まぁ普通に選べばそんな狭い部屋にはならないと思いますが。

まとめ

いかがでしたか?
みなさんは補助が受けられそうでしょうか?

私は使えそうなので是非来年3月までに引っ越したいと思います!
この事業が終わってから引っ越ししたくなってもなんか負けた気がしちゃいますよね…

事業終了は来年3月ですが、引っ越しの物件探しは絶対に早いほうがいいです。
ではみなさん、良き新婚ライフを神戸で過ごしましょう~

 

参考にしたHPを貼っておきますね。↓

神戸市すまいのすまいるネット

神戸市結婚新生活支援事業HP

最新情報をチェックしよう!