訪問ありがとう☆彡

【宇宙よりも遠い場所】2話 感想・あらすじ・ネタバレ【よりもい】

第二話「歌舞伎町フリーマントル

前回のあらすじ感想はこちら。

【宇宙よりも遠い場所】1話 感想・あらすじ・ネタバレ【よりもい】

第二話:公式予告の感想

2話の公式のあらすじは以下。

STAGE02 「歌舞伎町フリーマントル」

脚本:花田十輝 絵コンテ:いしづかあつこ 演出:北川朋哉 作画監督:川口裕子

南極観測船は日本を発ち、オーストラリアのフリーマントルを経由して南極へと向かう。観測隊員たちが南極観測船に乗り込むのはフリーマントルからのため、日本からフリーマントルに行くための飛行機代が必要になると報瀬から言われたキマリは、コンビニでアルバイトを始める。一緒に南極に行きたいというアルバイト先の先輩・三宅日向も仲間に加わり、キマリたちは報瀬が計画したとある作戦を実行する。
引用:宇宙よりも遠い場所公式HP

ふむふむ、つまり当然南極に行くのにお金が必要になるからキマリはあの例のコンビニ店員三宅さんがいるところでアルバイトを始めるわけですね。
三宅さんの下の名前が日向という事も判明しました。以下ひなた、と書きます。

では公式予告動画を見て見ましょう。

 

タウンワークを持つしらせのドヤ顔w
キマリのローソン衣装もちらっと見えました。
あとは南極隊員?的な女の人も出てくるようですね。

 

にしても今回のタイトルは訳わからないですねw

ここからはネタバレを含みます。未試聴の方は注意!

アバンタイトル

ーカフェー
砕氷艦しらせのスケジュールについてキマリに説明するしらせ。
南極に向かう途中でオーストラリアの「フリーマントル」で補給と乗り込みを行う。つまり日本から船に乗っていくわけではなくオーストラリアのフリーマントルまで飛行機で行き、そこから砕氷艦しらせに乗り込み南極へ向かうというわけだ。乗れるの?というキマリしらせ「基本的に南極観測は国家事業。船員は自衛隊員が務め、観測隊員は厳しい審査と訓練に合格した者だけ。高校生は絶対無理。ただ…今年は特別」スマホをキマリに見せる。
画面には「民間南極観測隊、3年ぶりに派遣決まる」と書かれたページが。

にっこりとするしらせ。

ふたりはカフェテラスに出た。
潜水艦を見つけてはしゃぐキマリの横でしらせはスマホの画面を見ている。
お母さんあてのメール画面には砕氷艦しらせの前でキマリとしらせのツーショット写真が添付されていた。

いよいよ南極への具体的な行き方というか策が見えてきましたね。
実際に民間で南極観測隊とかあるんでしょうか?
南極ツアーは近年すごく人気だそうですが観測隊ともなると話は別ですよね。
あとしらせのメール画面。やはりこの描写はこの後も何回も出てきそうです。
お母さんが生きていることを信じて送っているのか、向かっているよ、と報告しているのか。
ではAパートへ

Aパート

ー教室ー
めぐっちゃんと話しながらマイワーク(タウンワークもどき)を見ながらバイトを探すキマリ。
するとある募集案件に目が留まる

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 
キマリ「あっ!なにこれ超いい!高校生女子募集、接客業、男性とおしゃべりしたりお散歩したりするバイトです!内容によっては月100万以上も夢じゃないかも!おおーー!」
あきれるめぐっちゃん。そして
めぐっちゃん「それはともかく、行けるのか?本当に」
キマリ「うん!しらせちゃん言ってた、南極観測隊に知り合いがいるからーって」

しかしめぐっちゃんはその民間南極観測隊の資金繰りがうまくいっていないというニュースを見つける。
それを夢中になって読むキマリは先生にあてられている事にも気づかない。

先生「玉木さーーーん!!!」
めぐっちゃんが机をトントンしてようやく気付く。
キマリ「あっはい!!!」
先生「続きを読んでいただけますまいか?」
キマリ「あっはい、資金面の問題も併せて今後も…ハウアッッ!!!!!」
スマホのページを読み上げてしまうキマリ。
先生「はうあっの先を聞かせていただけます?」

罰則として書き取りを課せられたキマリは図書館でめぐっちゃんとせっせと頑張る。
キマリ「書き取りなんて小学校以来だよ~~~」
そして例の民間南極観測隊の話についてめぐっちゃんは、
まだ計画は中止にはなっていないと言う。
じゃあ大丈夫だね!というキマリに対して「そうか~?仮に中止にならなかったとしてもそう簡単に乗れるか?」と。

一度しらせにちゃんと聞いてみたほうがいいと促すめぐっちゃん。

ー公園ー
しらせと合流したキマリ。
キマリがまだバイトは決まっていないというと、しらせはドヤ顔でマイワークを見せてきた。

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 

しらせ「高校生女子、接客業で男性とおしゃべりしたりお散歩したりするバイトなんだって。かなりの時給でしょ?」
苦笑いするしかないキマリw

キマリがそれがどういう内容か見せると顔真っ赤なしらせ。

話は変わって教室でスマホで見た民間南極観測隊の資金繰り問題の事をしらせに聞いてみる。
しらせは大丈夫だという。
小淵沢貴子の娘だからと。

それでもキマリは食い下がる。でもほんとに大丈夫かな?と

するとしらせは怒って「いやになったなら素直に言えばいいじゃない!」
と帰ってしまう。

キマリ「嫌になったんじゃないよ!ただ失敗したくない。やっぱりやめときゃよかったって思いたくない。計画に乗ってよかったって思いたい!」
そう叫ぶもしらせの姿はなくなっていた。

落ち込むキマリだったがふと顔をあげるとしらせは戻ってきていた。

しらせはちゃんと作戦を考えてあるからキマリは準備を進めて、という。
すると例のコンビニのアルバイト募集チラシに目が留まった。

ローソン衣装のキマリが登場。
カチカチで接客の練習をするキマリ。
まずは補充の仕事を覚えるよう言われ、ひなたのところへ教わりに行く。
2人は同い年という事がわかり喜ぶひなた。

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 

陳列棚裏で作業をしながら話している二人。
なぜバイトを始めたのかキマリに聞くひなた。もしかして南極へ行くため?と聞くのであった。

 

さて、まだAパートですがどんどん進展していきますねぇ。
しょっぱなの怪しいバイトにまんまとつられそうになるキマリは草でしたw
このバイト求人雑誌のタウンワークって全国にあるんですかね?地元にはありましたが。
私が学生の頃はまだガラケーで、しかもネットが見れる機能はなかったのでこのタウンワークしかバイトを探す手段がなかったのでよく学校帰りに持って帰っていました。あとこのシーンでキマリ達のうしろでいちゃいちゃしてるモブキャラ、男だけニマニマしてて笑いました。先生に当てられてハウアッッ!!!!!ってなるキマリは実にキマリらしくてかわいかったですねw
先生も面白がってるのがイイ。ああいうタイプの先生は好かれるね。

次の図書館シーン、前の教室のシーンでも感じましたがめぐっちゃんめちゃくちゃ否定的というか心配しすぎというか
くどいような気がします。めぐっちゃんファンの方すみません。

次の公園のシーン
しらせもあの怪しいバイトにつられてたのもワロタw
しらせ顔真っ赤w
しかもしらせに見せていたその怪しいバイトに関するスマホ画面ですが、

[○○さん指名いつもありがと♡ ~~はいつも指名くださるTさんと太田でお散歩!~~」
というやたらリアルな文章wwしらせが起こって行ってしまったシーンですが、あれだけ疑われると怒るのも分かりますw
キマリの気持ちも分かりますがさすがにキマリがくどかったですね。まぁ結局しらせも確かにそうか、と戻ってくるわけですが。そしてそしていよいよキマリが例のコンビニでアルバイトをすることになりましたね。
最初のがちがちのいらっしゃいませは可愛いかった。

ひなたも、キマリがバイトに入ってくれて喜んでいるのがうかがえました。

Bパート

ー夜の神社ー
ひなたが私も南極に行きたい、と二人に言う。
2人の会話を聞いていて、キマリが偶然にもバイトに入ってきたので運命だと思ったのだとか。

しらせが学校も休まなければならないよ、と言うと
ひなたは学校には行っていない、と。でも勉強は絶対に負けない、実際にもう受験の合格判定はAだとか。
ひなた「合格しまくって高校で怠けて落ちたやつらにざまーみろて言うのがいまんとこの夢!」

そしてひなたを迎え入れる事にしたしらせは、作戦の概要を書いた紙を突き出し、次の日曜日に決行するという。
じゃあ日曜日に!と意気投合する三人。

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 

そして別れ際の改札でひなたはキマリにある名言を言う

ひなた「引き返せるうちは旅ではない。引き返せなくなって時に初めてそれは旅になるのだっていうし」
キマリ「なにそれ名言っぽい、誰の言葉??」
ひなた「わたし~~」
キマリ「なんだぁ…」

ひなたは集団の中でごちゃごちゃというのが苦手だったと打ち明ける。
でも二人を見てると嘘ついない感じだと、他の人と違うと思ったんだとか。

ー新宿ー
超都会の新宿であわてふためく三人

ー歌舞伎町ー
しらせはいきなりキャッチにつかまって追いかけまわされるはめにww

そして観測隊員親睦会が開かれている居酒屋を見つける。
男子隊員が多いから女子高生が誘惑する作戦だった。

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 
そしてキマリに行くように頼むが、挙動不審なポーズだけして帰ってくる。
誰もいきたがらずバタバタしているとしらせが飛び出してしまい、顔見知りの南極隊員の女性隊員に見つかってしまう。
南極一行の中にはセレブっぽいままとその娘?もいた。

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 
そして女性隊員二人が近寄ってきて三人が見つかった瞬間
しらせ「逃げて…逃げて!!!!」

そしてそれぞれ必死に走って町中で鬼ごっこするはめになった。

逃げながらも楽しい!とキマリは笑っていた。

結局三人は曲がり角でお互いにぶつかってしまいあえなく御用となる。
ーカフェー
女性隊員二人に今回の「男性隊員をたぶらかして密航させようとした作戦」を見られ怒られてしまう。
しかし、しらせは本気で行きたいんだと迫る。
そして百万円封筒を突き出し、お母さんが待ってるんだと。
資金困っているなら私たちをスポンサーとして連れて行ってくれと頼み込む。

しかし女性隊員は「そんな心配してもらわなくても私たちは行くわ。必ずね」と突き返されてしまう。
ー回想ー
南極で女性隊員がしらせの母を必死に呼ぶ声がひびく
再びカフェ
女性隊員「で、ほんとに資金は大丈夫なの?」
というと後ろから白石さんと呼ばれるセレブママみたいな人が現れた。

ー帰りの電車ー
しらせはがっくり落ち込み
「あと一息だったもう少しでこのお金受け取りそうだったあと少しだった絶対あと少しでうまくいったあと少しで~~~」

一方その電車のはまた別の少女がさみしそうな顔で座っている。

Bパートではひなたがガッツリ話に加わるようになりましたね。
まだ出てきて間もないですがキャラクターがしっかりしているのでこういうキャラなんだな、と。ひなたの、2人の真似をするところよかったですねw
ただ、ひなたも高校に行っていないという事になにやら訳ありっぽいですね。
のちのちひなた回がくるであろう事がうかがえます。その後、別れのシーンでひなたが自作の名言をはなちましたが、わりと悪くない名言なんですよねwwさて例の作戦当日、彼女達は歌舞伎町まで行ったわけですがこれもそこそこな距離なんですよね。
毎回、遠出お疲れ様です。(前回と比べればかわいいもんですね)

(引用:宇宙よりも遠い場所公式HP 
引用:NAVITIME

歌舞伎町でいきなり絡まれまくるしらせのテンパり具合も草でした。

さて、作戦の内容がとんでもなく雑なものと分かりましたねww
密航てwww無理すぎるwwww

しかも男性隊員をたぶらかす役を友達に押し付けるという鬼畜さw

途中ひなたがキマリに「胸だ!胸を強調せよ!」って言って
キマリが「嫌味かーー!!!」ってやり取りは最高でしたwww

あとこの時に一行の中に南極女子高生メンバー最後の一人と思われる少女が出てきましたね。

その後観測隊から逃げ惑うシーンでは1話とはまた違う挿入歌が流れました。
声を聴いた感じ同じ歌手さんでしょうか?
BGMと相まって、夜の繁華街の夜景をバックに走る少女達の姿は非常によかった。
一話の電車のシーンの時も書きましたが光の使い方が上手ですね。
あとひなたの走るフォームがマジの短距離走りでワロタ。結局捕まってしまうわけですが、しらせの本気具合は伝わってきます。
カフェで立ち上がったしらせのポケットから落ちたスマートフォンにはまたもやお母さんあてのメール画面が開かれていました。
ここまでお母さんへのメール画面をちらつかせてくるという事はどこかで回収されるのは間違いないでしょうね。しらせに百万円を出されても断った女性隊員達ですが、回想を見る感じだとしらせのお母さん貴子が行方不明になった時に同行していたメンバーなのでしょう。
その後の会話で資金繰りの件で白石さんという見るからにセレブが出てきました。ここから最後の少女が繋がってくるのでしょう。帰りの電車のシーンは、しらせのポジティブつぶやき闇落ちシーンは笑いましたww

最後にまた例の少女が出てきたので近いうちに加入するのでしょう。

まとめ

いよいよ南極メンバーが3人集まりました!
あと一人は次の回でしょうか?
今回もテンポよく、しかも一話に続いてまた挿入歌が入り、超良い演出になっていました。

見る前は歌舞伎町フリーマントルの意味が全く分かりませんでしたが、どちらも意味のある言葉でしたね。

次回3話も楽しみ!!!

 

【宇宙よりも遠い場所】3話 感想・あらすじ・ネタバレ【よりもい】

最新情報をチェックしよう!