訪問ありがとう☆彡

【コードギアス】ロロ・ランペルージの声優・機体・能力・最期など全情報をまとめてみた

今回はアニメ「コードギアス」の登場人物である「ロロ・ランペルージ」に関する情報を集められるだけ集めてまとめてみました。

このページを見ればロロの事が全て分かると言っても過言ではない!

ルル
全て読むんだ。ボロ雑巾になるまでな。

どんな人物?

アニメ「コードギアスR2」の第1話で登場した。

コードギアス反逆のルルーシュR2 キャプ感想その1
登場時キャプ↑
ルルーシュの弟、「ロロ・ランペルージ」と名乗り登場するが、その正体はギアス嚮団に所属するブリタニアの工作員。ルルーシュと同じくアッシュフォード学園に通っている。

ロロとなる以前はネブロスという名前だった事が劇場版総集編にて明らかとなった。また、1期と2期の間の話である亡国のアキトの終盤で登場していた。

誕生日は10月25日、星座はさそり座、血液型はO型。

身体能力・操縦能力が高い

コードギアスのロロ・ランペルージとは何者?ルルーシュの偽りの弟 ...

暗殺者という事もあり、格闘術やナイフ戦闘術、銃器の扱いは慣れており、潜入工作スキルも高い。後に説明するギアスの能力を抜きにしても身体能力は非常に高いと言える。さらにナイトメアの操縦技術も高く、操縦が難しいと言われているヴィンセントをしっかり乗りこなせていた。

さらに終盤ではルルーシュでないと使えない蜃気楼のドルイドシステムも完ぺきではないが扱えていた。

ルルーシュの監視

コードギアスR2 04-04

登場時はゼロとしての記憶を失い一介の学生として生活するルルーシュの監視を行っていた。その後ルルーシュの記憶が戻った際、家族がいない弱点を利用され、ルルーシュ側に寝返った。

冷徹な面

一見すると内向的でナイーブ、リヴァル曰く「根暗」という典型的な大人しい少年であるが、その実態は極めて冷徹であり、殺人に一切躊躇しない上に必要とあれば味方でも殺してしまう事もある。そのためかことあるごとに機情の仲間を殺しており、彼らからは快く思われていなかった。

また、これまで生きるために多くの人を殺してきたため、自分の居場所を脅かす存在に対しても躊躇なく殺そうとするかなり危険な一面を持つ。

例えば作中では自分が大事にしていたロケット(ルルーシュから貰ったもの)に触れた仲間を殺している。

ルルーシュに想いを寄せてしまう

ルルーシュがシャルルの記憶改ざんによってナナリーからロロに「守るべき存在」が入れ替わっていたため愛情を注がれていた。それによりロロは今まで得られなかった居場所を手に入れたかのように思ってしまう。ロロはルルーシュを本当の兄のように想いを寄せるようになったのだ。

やがて任務の事もありルルーシュを殺そうと思い切ったが、ルルーシュは危険を冒してまでロロを守ったことで完全にロロの心は落ちた。

さらにルルーシュの策略でブリタニアに裏切り者扱いされたことによりルルーシュに協力する以外なくなった。

しかし一方でルルーシュは記憶を取り戻すと一気に豹変してしまいます。ルルーシュにとってナナリーしか兄弟はいないという強い思いがあるので、どんなにロロが嘘でも兄弟であってほしいと近寄ってもそれを受け入れるはずがありません。ロロの一方的な愛情ばかりが募っていき、ルルーシュは冷静にいかに利用しようかを考えていました。

関係性としてはロロはルルーシュからの愛情が欲しく追いかけて、ルルーシュはそれを利用して自分に都合の良い駒として扱っていました

メンヘラで嫉妬深い

思い込みが激しいのと同時に、非常に嫉妬深い性格であったロロ。ついに手に入れた自分の居場所を脅かす存在、ナナリーやシャーリーの抹殺をもくろんだ。

シャーリーはルルーシュにとってもかなり危険な存在でした。ルルーシュが好きだということから常にルルーシュのことを観察しているからこそゼロの正体がルルーシュだということにもたどりついています。そんなシャーリーを見てロロは嫉妬も含めてルルーシュに害を成す者だということで排除することを決意します。

ロロがシャーリーを殺す理由はいくつかあります。それはナナリーのことを話してしまったこと、ルルーシュのことが好きであること、ルルーシュの正体に気付いていることでした。いずれにしてもロロはシャーリーを冷静な判断では殺していません。寧ろ逆上して殺してしまったというのが正しいです。

自分にとって絶対のルルーシュを奪われたくない!という気持ちからシャーリーを殺したと言った方が良いです。シャーリーは一度ギアスで記憶を失ったのに、再度巻き込まれて殺されるとは悲しい存在でした。

コードギアス解説・考察】 謎は全て解けた!コードギアスの構造は ...

ルルーシュに裏切られている事を知っていた

実はロロは記憶を取り戻した後のルルーシュは自分をコマとしてしか扱っていなかったことを感づいていた。それを分かっていながらもルルーシュの嘘に付き合っていたのだった。

育ての親はV.V.

コードギアス】謎多き少年!V.Vの魅力を徹底解剖!【コードギアス】 | TiPS

育ての親代わりはV.V.であるがロロ自身はあまり快く思っていなかった節がある。V.V.からは命令ばかりされ、自らのことを道具だと感じており本当の人間としての愛情に飢えていたからだ。実際に対戦した際に、V.V.を殺す際一切の躊躇がなかった。

いつも大事にしていたロケットの中身は?

画像

ルルーシュからもらったロケットをずっと大事に持っていたロロですが、あの中身は何が入っているのか?ということが気になります。アニメでは最後までロケットの中身が映し出されることはありませんでした

そもそもロケットはルルーシュから誕生日に貰ったものでした。ハートのロケットはロロにあげるには不自然ですが、恐らくルルーシュの記憶が混同していた為ナナリーを連想していたのだと考えられます。ルルーシュは意図していなかったのかもしれませんが、このプレゼントは愛に飢えていたロロにとって大きな存在でした。

さて、肝心の中身ですが、あのロケットはルルーシュが元々ナナリーにあげようと思っていたものです。上述したようにルルーシュは記憶が混同している事も考えるとやはりルルーシュ単体の写真か、学園の友だちとの集合写真、または母親であるマリアンヌの写真です。同じ母親ということで繋がりを感じていたいという意味があるのかもしれません。

ロロが中身を知っていてこのロケットを持っているので、自分に全く関係のないものだとしたら大事には持ちません。ナナリーとルルーシュが一緒の写真は持ちたくはないはずなので、ルルーシュ単体の写真ではないか、と個人的には思っています。

ロロのギアス

「人の体感時間を停止することができる」というギアスを持つ。

コードギアス反逆のルルーシュR2 第03話 - Daisukのよ~わからへん!

これはV.V.により発現した能力で、自分から一定距離にいる全ての人間の体感時間を止めるという人間限定の時間停止能力である。範囲に関しては調整出来るようで、作中ではアッシュフォード学園全体にギアスをかけた事もあり、やる気次第の模様。能力を行使された相手はその間、体感時間を止められていた間の全ての出来事を知覚できない。そのため、能力を行使したままターゲットに一切警戒されることなく相手を殺害する事もできる。KMFでの戦闘でも、体感時間を止められた相手があたかも「相手が瞬間移動したように見えた」描写が見られ、高い戦闘能力を誇っている。

他のギアスと比べてもかなり強い部類に入るだろう。

コードギアスのロロって2chでよく叩かれているけど | 「メモナビスタ ...
しかし能力を行使している間は自らの心臓が停止するという絶望的な副作用があるため、長時間の発動は命の危機に直結する。ちなみに止める人数や範囲によって不可は比例するようで作中でもそれは見て取れただろう。

なぜこのギアスが発現したのか?

ギアスは王としての適性以外に個人の願望の強さによっても性能が変わると言われており、ロロの場合は自分だけの居場所(時間)を生きたいという願望が非常に強かったためこの能力が発現したと言われている。

ロロの最期

シャーリーを殺されたことによりブチギレたルルーシュはロロのナイトメアに爆弾を仕掛けて敵もろとも爆殺しようとしたが結果的に失敗し、命拾いしている。

その後、フレイヤによりナナリーを失ったと思い込み我を失ったルルーシュを見て慰めようとするが逆にルルーシュに本音を突き付けられてしまう。

偽物呼ばわりされ、何度も殺そうとして失敗しただけだ、大嫌いだ!とまで言われ、さすがに応えていた。

その後、ルルーシュはついに黒の騎士団に見限られ、ルルーシュ自身も終わったと思った時ロロが蜃気楼を使いルルーシュを救出する。

あれだけ馬頭されてもなおルルーシュの事を命を投げて戦ったのだ。

ルルーシュはもういいんだと諦めていたがロロは譲らずルルーシュを逃がそうとする。

「僕はずっと、誰かの道具だった……僕は、教団の道具で……」
「その次は、兄さんの……確かに、僕は兄さんに使われていただけなのかもしれない……でも、あの時間だけは、本物だった!!」
「あの、思い出のおかげで……ようやく、僕は……人間になれた!」
「だから、もう……僕は!!」
「僕は……道具じゃ、ない! これは、僕の………意思なんだから!!」

ルルーシュの制止するも、助けるために ギアスを連発するロロ。心臓を止め続けているため限界が近づいてもなおギアスを使い続けるてルルーシュを逃がすことに成功する。

コードギアス】偽りの弟?ロロ・ランペルージとはどんな人物? - アニメミル

ロロ「兄さんは嘘つきだから…嘘…だよね?…僕を殺そうとしたなんて」
「僕が嫌いなんて…」
ルル「そうか…すっかり見抜かれてるな…さすがは俺の弟だ」
ロロ「そう…だよ…僕は兄さんの事なら…なんでも…わかる…」
ルル「ああ、そうだよ。お前の兄は嘘つきなんだ」

 

 

制止する際のルルーシュの「ギアスを使うな!死にたいのか!」というセリフは本心だったように聞こえます。
なによりルルーシュはこの行動を受けて彼を「弟」と認めて彼の墓標に例のロケットを送っている。

ロロは最初から最後まで利用され続けた人生だったかもしれないが最後の最後にルルーシュの嘘によって救われたのではないか。

 

ちなみにロロの死の回の予告セリフは

「お前はルルーシュヴィブリタニアではなく、ルルーシュランペルージの弟だったんだ」

と言っており、非常に感慨深いですね。

 

ロロの操るナイトメア「ヴィンセント」

ヴィンセント(コードギアス) - アニヲタWiki(仮) - アットウィキ

新世代機の開発「ランスロット量産化計画」にあたってランスロットの量産型を前提に開発されたKMF。

従来のKMFをはるかに凌ぐ運動性能を持つ他、せり出した両肩に新型ファクトスフィアが搭載されており、ランスロットをも凌ぐ光学測距能力を持つ。両肘部分に装備したニードル・ブレイザーは、攻撃のみならず、防御にも転用が可能。両足部だけでなく両肩部にもランドスピナーが装備されており、この4つのランドスピナーを最大限に生かす事で、アクロバティックな三次元的運動力を発揮する。また、ランスロットと異なって、開発初期よりコックピットの脱出ブロックが完備されている。

本編以外の活躍

劇場版

亡国のアキト

最終章ラストにおいて幽閉されていたスザクとジュリアス(ルルーシュ)を解放するために登場し、二人を連れてブリタニアへと帰還する。
出番はほんの僅か。

『劇場版反逆のルルーシュ』

役回りは同じだが、ブラックリベリオン後に弟役となる際スザクと対面する場面が追加されており、「ロロ」となる以前は「ネブロス」という名前だったこと、スザクと面識があること(恐らく上記の『亡国のアキト』とのリンクを示唆している)などが語られている。
『R2』前半のルルーシュサイドの描写が省略されているため機情への裏切りや「ロロ雑巾」の場面は無くなっている。
また、ジェレミアの気遣いでシャーリーを殺害した件も無くなっている。
このため、ギアス嚮団での戦いでルルーシュが彼を自爆させようとした理由は、シャーリーへの弔いではなく単純に「目障りな人間の始末」となった。
また、ロロが大切にしているハート形のロケットは、本作ではギアス嚮団へ攻め込む直前にルルーシュから手渡されたものとなっている。
これに伴い、ナナリーが死亡したと思い込み自棄を起こしたルルーシュがそれを見て激昂するシーンの台詞も若干変化している。

復活のルルーシュ

故人であるため直接の登場は無いが、序盤のCafé Zero二号店の場面で卜部や仙波、朝比奈などの黒の騎士団の戦死者に混じってモニターにその姿が映されている。

ギアスファンから見たロロ

ロロは身勝手な理由でシャーリーを殺したという事もあり、放送当時はかなりアンチがいたようですがあのロロの最期を見てからはかなりアンチは減った印象です。むしろどんでん返しですね。涙したファンも多かったはず。

ロロ雑巾

ちなみにネットでは、劇中でブチギレたルルーシュが発現した「散々使い倒してボロ雑巾のように捨ててやる」というセリフからロロ雑巾という大変可哀そうなあだ名がついてしまった。原文は「ナナリーの居場所を奪い取った偽者め…散々使い倒して、ボロ雑巾の様に捨ててやる!」というもの。

ちなみに、Blu-ray・DVD第2巻の初回盤限定特典には「ロロぞうきん」という名の雑巾が実際に付属しており、私も所有している。まだ雑巾として使用してはいないが。

ロロのキャラソンが存在する

実はコードギアスにもキャラソンは存在していてもちろんロロにもありました。

「アラベスク」という曲です。2009年7月に発売した「コードギアス 反逆のルルーシュ キャラクターソングベスト」というアルバムに収録されています。ファンの間でも高く評価されています。

歌詞を見てみても、完全にルルーシュを思ってのものになっておりロロのキャラクターソングとして相応しいですね。

CVは水島大宙

水島大宙

水島大宙さんは日本の男性声優。主な出演アニメは以下

  • 青鬼 THE ANIMATION(村上章一郎)
  • 暗殺教室(竹林孝太郎)
  • イナズマイレブン(グラン / 基山ヒロト)
  • イナズマイレブンGO(吉良ヒロト〈基山ヒロト〉)
  • 宇宙のステルヴィア(音山光太)
  • エリアの騎士(西島茂夫)
  • Angel Beats!(高松)
  • GIANT KILLING(椿大介)
  • キミキス pure rouge(相原一輝)
  • グリムノーツ The Animation(ロキ)
  • コードギアス 反逆のルルーシュR2(ロロ・ランペルージ)
  • ココロコネクト(八重樫太一)
  • この醜くも美しい世界(竹本タケル)
  • さよなら絶望先生(久藤准)
  • 地縛少年花子くん(日向夏彦)
  • Charlotte(高城丈士朗)
  • スクラップド・プリンセス(クリストファ・アーマライト〈クリス〉)
  • 世紀末オカルト学院(内田文明)
  • 瀬戸の花嫁(満潮永澄)
  • 侍霊演武:将星乱(孫宸)
  • ダンボール戦機ウォーズ(古城タケル)
  • 波打際のむろみさん(向島拓朗〈たっくん〉)
  • Fate/EXTRA Last Encore(ガウェイン)
  • 武装神姫(理比理人)
  • フューチャーカード バディファイトX(結晶竜 アトラ)
  • ベイブレードバースト(銀刃オロチ)
  • ヘタリア Axis Powers(フィンランド)
  • べるぜバブ(古市貴之)
  • 僕だけがいない街(白鳥潤)
  • ましろ色シンフォニー(瓜生新吾)
  • メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女-(パリストス)
  • ロミオ×ジュリエット(ロミオ)
  • 我が家のお稲荷さま。(高上昇)
  • 恋愛ラボ(凪野智史)

 

ちなみに劇場版コードギアスの前にメモリーオブコードギアスとしてインタビューを受けていました。

TVシリーズから約10年ぶりにキャラクターを演じられたお気持ちを教えてください。

またロロを演じられる嬉しさとプレッシャーを感じながらでしたが、とても楽しむことができました。最初に監督に「10年前の声出せるかどうか」と言われ、やはりそこにかかっているんだと実感しました(笑)。でもたぶん…大丈夫でした。

記憶に残るご自身のキャラクターのセリフを教えてください。またそのセリフを選ばれた理由をお聞かせください。

「絶対守護領域の計算がこんなに大変だなんて…」
ロロがルルーシュの代わりにシンキロウを操縦しながら言うのですが、ルルーシュには及ばないにしてもそこそこ守れていたり、ナイトメアの操縦など一線級の人達には敵わなくても、ギアス以外にもなかなか有能なんですよとみなさんにご理解頂けたら…

ロロランペルージまとめ

以上がロロランペルージの情報でした。

ロロの最期は個人的には非常に感動しましたし上手くまとまっていると思います。自業自得な人生という方もいますが、ロロの人格形成にかかわったV.V.達にこそ非があると思います。愛情もなくただ暗殺の道具としてだけ使われ続けて普通に育つはずがありません。むしろまだまともに育った方でしょう。

もちろんアンチの意見も分からなくはないですが、なによりもロロがいなかったらゼロレクイエムは成功していませんし、ルルーシュがシュナイゼルにチェックメイトされてジエンドでしたからね。この物語のキーといってもおかしくないです。

何より最後の最期でルルが本当にロロを心配している兄らしい様子が最高でした。ほんとに良かったね…

最新情報をチェックしよう!