訪問ありがとう☆彡

アニメ CLANNAD-クラナド- 俺的感動シーンランキング第1位 名言・泣けるシーンを語る アフターストーリー

「クラナドは人生」

アニメオタクならこの言葉を知らない人はいないでしょう。
様々なサイトで掲載されているアニメランキングでは軒並み上位に食い込み、アニソンランキングでもクラナドの曲を見ない日はないですよね。

 

アニメ放送からもう10年以上が経ちましたが今でもこれ程までに支持されている「クラナド」。

 

クラナドの良さはみなさんよく分かっていると思うので、そういった解説は抜きにして、個人的に好きな・感動したシーンをランキング形式で発表したいと思います!

※あくまで私個人が好きなシーンですのでこのシーンが入っていない!と思うこともあるかと思いますが了承願います!

 

 

1位 19話「家路」より朋也と父親のシーン

「もう…いいのだろうか…  おれは…やり終えたのだろうか。」

 

 

そう、この言葉から始まる朋也の父親への想いが溢れ出すシーンです。

このシーンほんとにめちゃくちゃ泣きました。

全てを犠牲にして朋也に捧げてきた直幸と朋也の親子の絆を感じ取れる、アフターでも屈指の名場面

 

まずこの直幸の部屋。見てください。

酒とゴミで散らかり、むなしく流れるラジオ、昼間なのに締め切って薄暗いこの部屋です。
まさに全てを犠牲にしてきた男を表しています。

 

智也が「ただいま」と声をかけても全く気付かず、智也がラジオを消してはじめて気づきます。

 

そして

 

「ああ…朋也くん

 

と。

 

全てをかけて自分を育て上げてくれた父親がこんな姿になっていたらと思うと本当に心が痛いですよね。自分の父親に当てはめてみてください、私は耐えられません。

自分を育て上げてくれた両親には幸せに余生をすごして欲しいと心から思います。

 

直幸「…もう、いいのだろうか」
朋也「何が?」
直幸「俺は…やり終えたのだろうか?」

智也「あんた、何もかも犠牲にして、俺をこうして育ててくれたじゃないか!俺みたいな出来の悪い息子のために…人生まるごと使ってくれたんだろ?もう充分だよ!」

直幸「そうか…いつの間にかやり終えていたのか…それは…よかった…」

朋也の言葉を聞いて自分の役目を終えたことを自覚した直幸は
「そうか…」と言う言葉と同時に目を開きます。

 

 

和解した親子と汐は一緒にお風呂に入り、朋也は直幸の背中を流しますがその弱り切った背中に涙をこらえる朋也。

 

 

翌日、直幸は朋也の勧めたとおり母の待つ実家へ帰ることになり、朋也がその準備を整えます。
部屋も片付き、2人の心を表しているようです。

 

そしていよいよ直幸が実家へ向かいます。

ここでちょっとした別れの挨拶をかわします。

「それじゃここで…」
「体に気をつけろよ」
「ああ…」

朋也は別れが惜しいのか、つまりづまり直幸に言葉をかけ、引き止めます。
すると朋也にふと昔の記憶が溢れかえってきます。

「朋也!お菓子だ。」
「父さん、まだ出かけるけど食べ過ぎないようにするんだぞ」
「いつも寂しくさせてごめんな」
「帰ってきたら夕飯、ちゃんと作るから二人で食べよう。な、朋也」

 

この回想シーンはほんとに号泣です。

回想シーンからリアルに戻るシーンで直幸のやせ細った姿に変わる所も切ないです。

 

朋也は涙をこらえながら

「絶対に恩返しにいくからな!絶対に行くからな…!」

と想いを伝えます。

涙が止まらない朋也に直幸が声を掛けます。

「どうした朋也? どうして泣いている?」

 

 

朋也。そう、今まで「朋也くん」と他人の子のように呼んでいた直幸が自然と朋也と呼んでいます。

 

 

 

「父さん、今日までありがとう」

 

最後に感謝の言葉をかけ、直幸を見送ります。

そして朋也は思います。

 

「あの人は、幸せだったのだろうか。一番幸せな時に、愛する人を亡くして、
それからは俺と2人きりになって…
俺みたいな、親不幸な息子のために、頑張り続けて…
それで、幸せだったのだろうか…父さん…」

 

直幸は幸せだったのか。

そう思うのも当然ですよね。高校を中退して夫婦になり、生まれてきた朋也と妻を生きがいに、がむしゃらに働きますが最愛の妻を事故でなくすなんて。

その後自分を見失いかけますが朋也のために全てをかけ育て上げます。しかしそれは直幸にとって過酷なことで後に朋也の中学時代には手をあげてしまい、その息子とも疎遠状態になってしまう。

朋也は知らない間に一人前になっていたころにはもう直幸には仕事や信頼、運、全てを失っていた。

 

こんな過酷な人生、ありますか。

 

 

でも最終的にこのシーンで朋也がこうして感謝の想いを伝えてくれた事で報われたのではないでしょうか。

 

 

 

ああ…  クラナドもう一周しよう…

 

 

 

最新情報をチェックしよう!